痴漢や通り魔やストーカーかの危険から回避する基本と護身術とは

平和な日本でも毎日のように犯罪が起こっている

今の日本は戦争に巻き込まれることもなく、一見平和で穏やかに見えます。しかしテレビやネットを見ていると毎日のように人が刺されたり、ストーカーやDVの被害に遇うなどのニュースであふれています。そしてこれらの犯罪は人を選ばず、いつ誰が犠牲者になるかわからないのです。すると日本は法治国家で警察があるから、いざとなれば警察を頼ればいいという方がいます。確かに警察は何かあれば来てくれます。ただ現実の犯罪は秒単位で行われるので警察が来たときには犠牲者になっているのです。そこで犯罪や暴力から身を守るには、護身術を身に着けることが基本になっているのです。そし護身術とはどのようなものがあるか知っておくことです。

身を守るには事前警戒と準備が大切

身を守るということになるとまず思いつくのが、柔道や空手などの武道や格闘技を練習することです。ただ武道格闘技を使えるようになるにはかなりの時間がかかるしかなりの努力が必要です。また武道や格闘技にはルールがあり審判もいます。しかし現実の犯罪にはルールなどないし、相手は凶器を使ってくることもあります。またいつ起こるかも誰も予想できないのです。そこで身を守るための基本は事前警戒が重要になってきます。家の戸締りはしっかりして外出するときは周囲を警戒し、歩きスマホはしない、危険な場所には近づかないなどです。犯罪者は無警戒の人間を狙うので格闘技を習うのも大事ですが、警戒心を持つことが基本なのです。また使える護身術とはルールのない犯罪に対応できるものです。

シンプルで覚えやすい護身術を習う

覚えるのに時間がかかるものや難しい格闘技や武道はあまり一般的ではないです。そこで老若男女問わず習える護身術とは何かと言えば、イスラエル生まれのクラヴマガを推薦します。クラヴマガはイスラエルの近接戦闘術です。クラヴマガは人間が本能的に身に着けている反射神経を応用した技を中心に組み立てられています。また様々な格闘技のいいところを取り入れて、短期間で速習できるように体系づけられています。そのため誰でも無理せずに習得することができるのです。さらにエクササイズの要素があるので、練習するうちに身体も引き締まっていきます。それからほんとうに使える護身術とはいざというときにすぐ技が出ることです。現実に犯罪が起こっているときは誰でもパニック状態になります。そんな状態で複雑な技は使えないのです。クラヴマガの技術はシンプルで繰り返し練習して、即座に技が出せるように訓練していきます。また危機的状況を想定した練習を行って精神面も鍛えていきます。

関連記事

    関連記事はありません