初心者なら書籍から始めてみよう

暴漢などから暴力を受けたときに、誰かが助けてくれるとは限りません。周りに誰かがまったくいない状況もあるでしょうし、いたとしても助けに入るのが難しい状況だってあります。突然の暴力という危機的状況から、身を守りたいのなら、護身術を習ってみましょう。護身術とは、いろいろな危険を切り抜けられるものなので、もしものときの備えをしたい方にはピッタリです。格闘技などをやったことがない初心者の方は、まずは護身術に関する書籍を購入して、読んでみることをおすすめします。そこには簡単な護身術が記載されているので、マネをして動きをやってみるとよいです。もしも、協力してくれる方がいるのなら、実際に人間に対して行ってみて効果があるか確かめてみましょう。やってみたいと感じたのなら、初心者でも護身術が習える道場に通うことをおすすめします。

専門の道場や教室を選ぶことが大切

護身術を道場で習いたいのならば、護身術を教えてくれるところを選ぶ必要があります。それは当たり前のことだと考えるかもしれませんが、空手や柔道でも護身術にはなるので、そちらを選ぼうと考える方もいるはずです。しかし、それらの格闘技は護身術とは少し違うため、身を守りたいのなら、専門の道場に通うようにしましょう。なお、護身術を習える道場はあまり多くはないので、まずはインターネットを使って情報収集を行いましょう。インターネットなら、近場にある小さな道場も検索できるため、護身術を習えるところを見つけられる可能性が高いです。もしも、道場を見つけられなかったのなら、教室を探してみるとよいです。都民や市民講座として行っている場合もあるので、道場以外で実地しているところがないか探してみましょう。どこで習うとしても、専門の講師が分かりやすく教えてくれるため、初心者でも危険を回避するための護身術を学べます。

映像メディア付きの通信講座でも習うことが可能

護身術を習える道場や教室が、近場に存在していないのならば、通信講座で習うことを考えましょう。書籍と変わらないと思うかもしれませんが、通信講座の場合はDVDなどの映像メディアが付属するため、実際の動きを自分の目で見て確かめられます。通信講座ならば、どこに住んでいようが習えるので、評判のよいものを探して申し込みましょう。なお、護身術とは身を守るものであって、危険に飛び込んでも大丈夫になるものではありません。そのため、護身術を使うのは最後の手段だと考えて、普段の生活では危険を避けるように行動しましょう。

ダイエットや身体づくりもキックやパンチ、体幹トレーニングで驚異的な効果を上げる「マガパーソナル」があります。 東京の六本木、赤坂で展開しております。ご興味ございましたらまずはお気軽にお問い合わせください。 驚異的な運動量でダイエットやストレス発散に最適な、サンドバッグを殴ったり蹴ったりできるのBAGクラスがあります。 全国各地からお越しになる方もいらっしゃいます。護身術とはなんだろう?護身術で自分の身を守ろう

関連記事